部活Tシャツの作成のメリット|作成する時は分担しましょう

バス

生地の種類

服

オリジナルのTシャツを作成する場合は、デザインも色も選びます。それ以外に重要なのが、生地です。そこで、様々な種類の中でも、プリントスターの生地を使うことをオススメします。しかし、プリントスター以外にも、他の無地のシャツが多くあります。プリントスター以外のシャツでも自身に合ったものを選ぶことも大事です。そのため、プリントスターの生地も一つの参考にて、生地選びをしましょう。オリジナルTシャツを作成する時の生地のメリット・デメリットについて紹介しましょう。最初に紹介するのは『ヘビーウェイトTシャツ』です。定番の基本的なTシャツです。今はカラーも豊富にあるのでオリジナルTシャツ作成で多くの方が選んでいます。コストも印刷できる方法も多くあります。この生地を基準に考えていきましょう。続いて『オンス表記のTシャツ』です、オンスとは生地自体の厚さになります。オンス表記が高い数字であれば厚みのあるTシャツになります。しかし、オンス表記が低い物を選んだ場合は、シャツが透けて、肌が見えてしまうことがあります。生地を厚くしたら、通気性も悪くなります。ですが、コスト削減には最適なので1度だけの使用目的ならオススメです。最後に『ドライ素材』です。この生地は運動する方にオススメなので、ユニフォーム作成で選ばれることが多い生地です。ドライの素材なので、通気性がよく、汗をかいても、乾くのが早いという利点があります。しかし、上記のシャツに比べて色数やプリント方法が少ないというデメリットと若干コストがかかります。各種類によって製作方法やコスト面が様々なので、一度、作成会社に確認して依頼しましょう。