部活Tシャツの作成のメリット|作成する時は分担しましょう

バス

思い出も一枚を作成

洋服

自分でオリジナルのティシャツを作成することは可能です。無地のティシャツにマジックや刺繍をして作成する方も多いでしょう。しかし、ティシャツを自分で作成した場合、万が一失敗してしまうと、再度、無地ティシャツを購入して作成することになり、費用もかかってしまいます。ですが、作製会社に依頼することで、失敗した時の費用や作成時のペンやマジックなどの備品の費用もかかりません。また、マジックで作成した場合は選択すると色が薄くなってしまったり、ぼやけてしまいます。そこで、綺麗なオリジナルティシャツにするためにも作成会社に依頼しましょう。作成する時のプリント方法には、色々な種類があります。その各プリント方法のメリット・デメリットについて紹介いたします。まず、最初は『ラバーインク』です。オリジナルティシャツ作成の定番と言っても良いでしょう。ティシャツの生地の上にインクが乗っているようなプリントで、色の発色も良く、このプリントのメリットになります。しかし、この方法では、生地の種類によっては印刷出来ない場合があります。その点は注意して生地を選びましょう。次に『染み込みインク』ですが、ラバーインクより印刷の厚さが薄く、通気性も良くプリントした所の肌さわりも柔らかく所がメリットになります。しかし、こちらの方法も生地によっては出来ない場合があります。そのため、使用出来ない色もあることを覚えておきましょう。最後に『デジタルコピーでの転写』方法です。この方法はパソコンでデザインを作り、そのデザインを専用のプリント用のシートを使ってティシャツに貼っていきます。この作成方法では、色を何色使っても、金額が変わらない場合もあります。他にも、写真を印刷することが出来るので、デザイン以外でも、思い出の写真でも作成可能です。ですが、この方法にもデメリットはあります。プリントした箇所が厚くなり、通気性が悪いことです。それと専用のプレス機でデザインを圧着するので、プレス後が残ってしまいます。解消方法は一度、洗濯すると改善されることがあります。作成には様々な方法があるので、その注意点を参考にし、作成依頼をして自分だけのオリジナルティシャツを作成しましょう。